« 高橋江紀選手が交通事故で他界 | トップページ | 車載カメラに挑戦 »

2011年5月 2日 (月)

motoGP第3戦ポルトガルのTV観戦所感

レース当日、東京は雨でしたが、エストリルは天候に恵まれましたね。いつもポルトガルGPは10月開催なのに、今年は春開催というのもなんとも不思議な感覚の決勝観戦でした。

moto2クラス

まずは、高橋裕紀選手が3位、表彰台に登ったことに拍手を送りたいです。
Yuki_takahashi_podium_preview_big
普通ならば精神的に走れる状況では無いとは思うのだけれど。何が彼の原動力になったかわからないが、とにかく彼はイアンノーネにパスされた後、でも必死に追いつこうとしていた(とTV画面上ではそう感じた)。ジリジリ離れてるのか離れてないのか?もうやきもきする状況が続く中、(自分はタイヤが持たないだろうと思っていた矢先)
やっぱりトップを走っていたイアンノーネは転倒してしまいました。

ラッキーだったけど、あの3位の表彰台を高橋江紀選手に捧げることができたのは、彼もとても嬉しいのではないか?個人的には、さらに今年の年間チャンプを添えてあげれればと思います。それにしても今年のブラドルは手強いです。去年の125ccチャンプ、マルケス君は完全に歯車がかみ合っていません。早く上位陣でトップ争いをする姿を見てみたいです。でもYUKIの前はダメよ(笑)

motoGPクラス

ペドロサの完勝、おめでとうさんですね。したたかなレース展開、とても優勝を期待させる走りでした。ロレンソは本当にいっぱいいっぱいだったのでしょうね。ちっとも華がなかったように見えます。 何かやらかしてくれると期待のシモンチェリがあっけなく一週目でハイサイドで転倒リタイヤしてしまったのが(展開的に)残念です。ガッツンガッツンぶつけるバトルとか期待してたのにー(笑)。

ストーナーも思ったほど元気無く、今回は絡みがなく若干お楽しみが減っております。本人談では背中が痛くなったとのこと(確かに国際映像でも庇う絵が写っていた)ですが、一週目の”ハイサイドもどき”で影響をうけたのでしょうか?謎です。Anyway、ペドロサ、ロレンソ、ストーナー、シモンチェリ、トップ4台のバトルは次回のお楽しみとしましょう。

青山が良い仕事しましたね。あまり国際映像にはでてきませんでしたが、クラッチローとやりあってるのは、順位表示上でよくわかりました(笑)サテライト勢ではポイントトップですからね。次回は6位ぐらいを狙ってほしいです。

ロッシ、全然国際映像に映りませんでしたね。終盤チロチロぐらい?そうとうドゥカティのマシンには苦労してますね。果たして今後の開発というか改善は進むのでしょうか?その動向もタノシミです。


125ccクラス

テロル三連勝ですね。すでにポイント75。優勝候補の筆頭らしく余裕の勝利で少々退屈なレースでした(笑) 尾野選手は惜しくもポイント圏外17位。ポイントとれる15位まで5秒の差なので、もうひと頑張りでしょうか。とにかく早くGPの雰囲気に慣れて、シングルフィニッシュを狙える力をつけてほしいです。

次回第4戦はフランスは2週間後。タノシミに待ちましょう~。

« 高橋江紀選手が交通事故で他界 | トップページ | 車載カメラに挑戦 »

MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539899/51558842

この記事へのトラックバック一覧です: motoGP第3戦ポルトガルのTV観戦所感:

« 高橋江紀選手が交通事故で他界 | トップページ | 車載カメラに挑戦 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

支援してみる↓


  • 人気ブログランキングへ

 


無料ブログはココログ