ステップワゴン

2013年1月29日 (火)

続続:インターナビリンクを活用するの巻

スマートフォンを買い換えました。

日常の利用範囲で、さすがに2年落ちのREGZA Phone T-01Cだとかなり辛くてイラマックス。今回は省電力が売り物の AQUOS PHONE ZETA SH-02E を選択してみました。写真はなんとなく歴代のMy迷機たち。

歴代のMy迷機たち

一通りAQUOS PHONE ZETAの環境を整え終えたところで、今回もステップワゴンRK1 搭載HDDインターナビとの連携も試してみました。上手くつながるかな-? メモを兼ねて記録。(前回の接続ネタは こちら と こちら )

ステップワゴンのHDDインターナビ起動→メニュー を選択します。

Sp1050841

機能設定を選択します。

Sp1050842

Bluetooth設定を選択します。

Sp1050843

電話機登録を選択します。

Sp1050844

スマートフォンからの接続まちになりました。

Sp1050846

スマートフォン側で 設定画面を開きます。

Sp1050848

Bluetooth を選択すると 「internavi」が現れます。

Sp1050850

「internavi」をタップするとパスキーを求められます。インターナビ側で表示されたパスキーを入力します。

Sp1050851

ペアリング完了。スマートフォン側とインターナビ側の確認画面。

Sp1050854Sp1050855

ここで、一度HDDインターナビを再起動。AQUOS Phone ZATAはBluetoothをONのまま。事前に連携アプリ「Navigateway」をインストールしておきます。

んで、HDDインターナビが立ち上がってくるとアッサリBluetoothはつながります。

で、Navigatewayを立ち上げるとアッサ連携できました。お試しのメンテナンス記録の同期もうまくいきました。これで一安心。

Sp1050861Sp1050862

また2年宜しくね。(たぶん車が先につぶれることはないと思うからw)

おまけ
1/14に降った大雪あと一週間放置してたらステップワゴンの上に積もった雪がカッチカチやで。どうしよう?って図

フロントガラスに雪カッチカチ

2013/02/05 追記: インターナビ+SH-02E+NaviGatewayでcddbを利用可。確認できました。

2012年5月13日 (日)

続:インターナビリンクを活用するの巻

Honda純正インターナビでdocomoユーザーの皆様におかれましてはMoperaのサービス停止に伴う問題が4月を境に色々あったかと思います。自分はmopera Uで契約してたのでセーフでした。

あ、本題はそれじゃなくて、以前インターナビを活用するの巻では、Android OSのスマートフォンを使ってHonda ステップワゴン(RK1)純正ナビとの通信について紹介しましたが、完全じゃなかったみたいです。

どうも、通常の渋滞回避情報などに関しては問題ないのですが、CDをHDDにコピーした後のcddbへのアクセスに失敗していました。最初は新譜のCDは仕方ないな~と思っていましたが、それは勘違いということで。

色々調べてみると、インターナビが使用しているcddb(Gracenote)へのポート UDP/8880 が閉じられているという情報がありましたが、どうも解せない。

うそこくでねぇ。いくら携帯キャリアのネットワークが厳しいとはいえ、そういうポリシーじゃねえだろうと思ったわけです。だって普通のガラケーで使えてたのにスマホにしたらダメって、同じ3Gネットワークでガラケー用とスマホ用とあるわけないだろうし。。。。

もうちっと調べてみると,別情報に行き当たりました。cddb(Gracenote)を利用するにはライセンスを受けたソフトウェアのみ利用可能であると(ソース行方不明)。

これなら納得。従来利用していたPdaNetはそもそもライセンス受けてないから接続できないだんね。というわけで、改めてカーナビとAndroid OSのスマートフォンでの通信するためのアプリを探してみると、

PdaNet / Cobaltblue3 / NaviGateway

これらのアプリがあることに気が付きました。PdaNetの代わりに有料だけれど、NaviGatewayを採用してみることにしました。レビューをみると実績があるし、たぶんライセンスを払ってるからこの値段なのかもね。

さっそくDL&接続試験。お試しのCDはこちら。2012年3月7日発売だからそろそろDB登録されてるだろうということでチョイス。

ノータイトルのCD

で、早速NaviGatewayをDL&インストールして、Bluetuthを起動&アプリを起動してみると、サクっとインターナビとつながりました。特にナビ側、スマートフォン(REGZA Phone T-01C)側の設定を変更してません。

インターナビと通信中

んで、CDをインターナビ側に入れると当然No Titleになるわけですね。

Sp1050034

CDのHDDコピー後にcddbからの情報を取得してみるわけです。

Sp1050044Sp1050045

はい、あまりにアッサリ取得できたので、もう今までの苦労(手入力)はなんだったのか?

Sp1050047

ま、何事にも勉強ということで、、、皆様の参考になれば幸いです。

2013/2/4 追記 : スマートフォン買い換えても大丈夫だったネタはこちら

2012年3月20日 (火)

多くは語らず ~ ステップワゴンをトランポ化 番外編

なんかウチのBlog、トランポの情報目当てで見に来る方が多いようで、驚きました。

アクセス解析ってスゴイですね。このBlogの方向性が一気に突き崩された気分ですwww
っていうかミニバイク(レース)ネタ少ないのが原因なのですけどね。。。反省してます。

そんな全国1000万のステップワゴンでトランポのファンwの皆様に向けて動画をこさえました。
まあ、みたってください。

一生懸命記事を書くよりこの方が早いと思って。。。撮影にはいつものGoPro HD HERO2を使ってます。
ステップワゴンファンが増えることを祈ります。グーメン(言いたかっただけ)。

2012年1月25日 (水)

どこまで積めるかな?

スマホに残ってるPhotoの整理がてらメモ

トランポとして使っているウチのサンダーバード2号(ステップワゴン RK1)ですが、満載した絵があったので参考程度にご紹介。これでも後方の視界を確保するために上積みは避けてるので本当の限界はまだまだぁw

二人分までなら何とかって感じですね。あと発電機とタイヤウォーマーと簡易テントは乗せられそう(持ってないけど=欲しい物リスト)な感じです。

KSRはハンドルが邪魔でとても乗せ辛いため、2台一緒は面倒です。NSF100ならとても楽ですね。またKSRの場合は全長が長いので、ハンドル切って前に寄せないと後ろが当たってドアが締まりません。NSF100だとそんなことしなくても入るのにね(セカンドシートはそのまま折りたたんだ状態で)。

ステップワゴン鬼積み

ミニバイクレースの練習へ出かけたときですが、このときに積んだ物は、

KSR110を2台
二人分の装備(ツナギ、ブーツ、グローブ、インナー、ヘルメット、プロテクター、着替え等)
ラダーレール(アルミ製)
レーシングスタンド×2、フロントスタンド、椅子、サインボード
予備タイヤ、ガソリンタンク10L、工具箱×2、その他諸々
人間が二人

まー、重いこと重いことw。燃費がガタ落ちでした。人間二人で20分ぐらいで積み込み完了です。

2011年5月29日 (日)

インターナビを活用するの巻

あまりバイクと関係ないネタです。半分メモ。(続編はこちら

サーキットからの帰り、筑波でも富士でも桶川でもなんでもいいのですが毎回うんざりするのが帰りの渋滞です。誰だって回避したいですよね。

我がサンダーバード2号(ステップワゴン RK1)のHDDインターナビですが、どうやら「インターナビリンク」というサービスを使って、より有効な渋滞回避情報を得られるとのことなので、活用してみることに。

通信手段はいわゆる携帯電話、もしくは専用の通信機器となります。今回は自前のスマートフォン、REGZA Phone T-01C※1で接続を試みました。接続形態は以下のように。

インターナビ ←(Bluetooth)→ T-01c ←(3G回線:パケット通信)→ インターナビ情報センター

利用するにはHondaディーラーでインターナビを購入時申し込むと、後で封書が届きます(会員番号とか暗証番号が記載されてる)。その封書の内容に従って設定をすることになります。

まずREGZA Phone側ですが、テザリングという機能を使うため、事前にDoCoMo側にmopera Uのサービス申し込みと設定が必要になります。こちらのサイトを参考にしました:T-01Cの128kモデム化 ※3
本当にそのまんまです。ナビとの通信前にはアクセスポイント名をspモードからmopera Uに切り替えておく必要があります(これやらないとパケ死フラグが!?)※2

さらに、PdaNetというワイヤレスモデム化するアプリをREGZA Phone側にインストールしておきます。Androidマーケットからダウンロード可能です。


ナビ側事前準備としてナビにフレーム番号を入力します。個体認識に必要なんでしょうね。
インターナビのフレーム番号入力画面

次に、ナビとREGZA Phoneをペアリングするため、ナビ側でBluetooth接続待ち状態にします。
ナビ側Bluetooth接続待ち

そのままREGZA Phone側で登録作業をします。超簡単。ナビに従ってPINは1212を。
REGZA Phone Bluetooth設定1REGZA Phone Bluetooth設定2
REGZA Phone PINの入力

ペアリングができました。
ナビ側携帯登録完了画面

ナビ側にセンター側への接続を設定するために「かんたん通信設定」を行います。
かんたん通信設定

暗証番号、使う携帯電話の選択等、小冊子に従って、本当に簡単。
ナビ側暗証番号入力ナビ側通信方法

では、つなげてみましょう。いったんクルマのエンジンを切り、再度かけます。ナビ上ではこんなん出ますが、REGZA Phone側は何もしてないのであたりえか。
インターナビ起動時警告

REGZA Phone側で PdaNetを起動「Enable Bluetooth DUN」をタップしてナビとの接続を待ちます。
PdaNet起動画面

あっさりつながりました。REGZA Phone側はこのような表示に。
接続成功画面

ナビ側はではBuletooth接続時はこのような表示がでます。
インターナビ側接続状態表示

早速、メンテナンスデータの同期をしてみました。
インターナビ同期画面

しっかりサイト上(PCブラウザで要ログイン)に反映されております。ていうか、800km近く走ってガソリン満タン2回に達してないって、どんだけ継ぎ足し給油してるんだ>オレ。
インターナビリンクサイト画面
この後、地図データも最新にして設定終了。十分実用的であるという感触を得ました。

不具合というほどでもないのですが、一度ナビ側を停止してしまった場合、ナゼかREGZA Phone側も再起動しないとBluetooth接続が確立しませんでした。気になったのはそれぐらい。

というわけで、これが威力を発揮するかは、6月5日、CS2 KSRスーパーバイカーズミニレースで!

※1 Android 2.2.2にバージョンアップ済み。標準でDUNというプロファイル対応しているか不明。
※2 ソフトバンクだと「カーナビプラン」とかいう月額+210円ぐらいのプランがあるみたいですね。
※3 本来2010年冬モデルのREGZA Phoneはテザリング対応機種ではないのだけれど、技術的に通信可能なため、良心としてこの方法を選択しています。NTT DoCoMo2011年夏モデルでは明確にテザリングが対応しており、テザリング時はPC Watchの記事にあるとおり「隠しAPNであるdcmtrg.ne.jp」が選択されるとのこと。従って、現在の自分の使い方では(元々テザリング未対応のREGZA Phoneを使うこと)、DoCoMoさんはテザリングをしてる事が認識できないのでは?と推測します。

2011年5月25日 (水)

ステップワゴンをトランポ化その3

さて、準備が出来たのでウチの本妻さん(ZX-10R '04)を載せてみましょう。

そそ、折りたたんだ三列目シートですが、若干沈み込みがあります。バイクを載せるときはエンジンかけて乗り越えるので問題ないのですが、降ろすときに非常に"力"を必要とする(らしい)ので少々調整をします。
Sp1020613


スペースを埋めるべく、スポンジ板(250円ぐらい)をホームセンター入手。これを三列目シートを畳むときに挟みます。実際には半分切って少々薄くしました。
Sp1020616


これ以上はムリ。これ以上あげるとシートを(赤いやつ)留めるフックがかからないの。それからラダーを引っかけるのにちょうど良い高さなのでこれでベターとしました。
Sp1020614


アストロプロダクツでマルチホイールクランプを調達。これ、12インチから17インチまでのホイールをカバーするので重宝します。ホイールに合わせるためのアジャスターが付いてます。ZX-10RもKSR110もNSF100もコレで一つでOK。しかし、ストッパーが無いので前後の揺れで外れないか?これは後で自作してみます。
Sp1020609


バイクのエンジンをかけてスイーっと載せました。あまり苦労した感なく「ああ載ったね」、みたいな(笑)。ラダーは爪があるので先の沈み込みの所にひっかけましたので、落下の心配はありませんでした。
Sp1020621_2
(動画も後ほど撮ってみました

オシリはこれだけ余ります。
Sp1020620_2


前は当てる覚悟でツメツメ。1列目シートを傷めそうなので、あとでここには段ボール挟みました。カーゴマットが1列目シート間際まで届かないので、別途、ホームセンターでオフィスに敷くような正方形のマットを買って敷いてあります。
Sp1020622


直立してるので、タイダウンベルトでの固定もとても楽です。もちろんアイボルト使ってます。
Sdsc_0204Sdsc_0215

この状態でさらにセカンドシート1一人掛けはおろせるので人間が3人乗れたりします。恐るべしステップワゴン(笑) 前のエントリーどおり、これで気兼ねなくFSWまで行けました。

ハイエースは大げさだけど、ミニバンなら・・・と購入をお考えの方、是非候補に入れてみてはいかがでしょうか?(あ、自分はHONDA販売店からリベートもらってませんから^^;)

あ、あとステップワゴンネタはもう一つやりたいことがあるので次回にでも。

2011年5月24日 (火)

ステップワゴンをトランポ化その2

今回はかなりぶっきらぼうに展開します。

さて、セカンドシート外すぞぉ!
Sp1020603


シートの足カバーを外す。これ外さないとボルトが抜けない。矢印のとおり左右からグッと手で押すとパキって外れるはず。
Sp1020602


外れた。後ろに見えるボルトを外せばスポっとシートが抜けるはず。
Sp1020605


早速カバーのツメ割るw 誰がやっても割れるのはHONDAの設計ミスだと脳内で決めつける。
Sp1020606

何とか一人でセカンドシートを取り外すとぽっかり空間が。
Sp1020610Sp1020612

ちなみに初代、2代目ステップワゴンのセカンドシートは3人掛け状態なのでとても一人では外せません。とにかく重い。現行タイプは分離してるので助かりました。

つづく。

2011年5月23日 (月)

ステップワゴンをトランポ化その1

化とは言いながらも殆ど何もしてません。出オチすみません。(汗

まず、参考にさせていただいたサイト「ドカマっちゃお。」に謝辞を。自分はほぼこのサイトを踏襲した形です。先人の知恵ありがたや(-人-)。

さて、トランポは床をフラットにするため、板張りするのが常套手段です。しかし、ステップワゴンのスゴイところはディーラーオプションのカーゴマットを敷くだけでほぼそのままイケちゃうところです。
Sp1020595
この状態で、土足で上がってもゼンゼン気になりません。もうこれだけで、ミニバイク2台積載可能です。タイダウンも、2列目シートを固定する金具で行けます。

これに満足することなく、目標はビッグバイクも積む事として、タイダウンを引っかけられる場所を確保します。まず、2列目シートベルト固定のボルトはずしました。
Sp1020584Sp1020581

アイボルトを購入。これは4輪のレーシング用のシートを販売しているサイトで見つけました(Sabelt サベルト アイボルト 50mm ハーネス取付け用)。

Sp1020580
通常のアイボルトはJIS規格で定まってるM??というサイズがあるのですが、ステップワゴンから外したボルトはそれに合致しません。M10だと入らない。M12だとスカスカ。実はコレ、国際規格?のUNF16/7-20というサイズらしいです。店舗のネジ屋やさん、ホームセンターにもなさそうなので通販で2本で2000円を超えるお買い物となりました。

長さ比較と、カラーを2個抜いてワッシャをかました状態。
Sp1020588Sp1020590

というわけで一丁できあがり。
Sp1020592

つづく。


2011年5月20日 (金)

トランポ購入

10年ぐらいは「都内近郊に住んでれば電車とバイクと自転車があれば十分」なんて思っていたのに、レーシングマシン(といってもミニバイク)を手に入れると、俄然トランポが欲しくなるんですね(汗)

半年ほどモンモンとしてたのですが、意を決してトランポ購入に踏み切りました。 候補はハイエースと、ステップワゴンに絞りました。結局、乗用車としての勝手の良さを考慮してステップワゴンをチョイスしました。ハイエースは駐車場の問題がクリアできなかったのが落選の理由です。
Sp1020634

購入したのはとにかく荷物が積みやすい現行モデル(RK1)、グレードはGのHIDエディションというやつです。SPADAはちとお高いですし、バイクを乗せるというだけならコレで十分ということで妥協しました。
Sp1020633

早速FSWの走行会で10Rを積んでお出かけしてきました。とにかく積み込みは楽です。この状態では2列目の2人掛けシートは取り外してあるのですが、1人掛けシートは生きてるので人間は3人乗れます。
Sp1020637Sp1020635

2代目ステップワゴンにGSX-Rを乗せてる方いらっしゃるので、比較写真を撮らせて貰いました。やはり現行タイプの方が間口が広く、さらに3列目シートがたためてフラットになるので非常に楽です。
Sp1020640Sp1020641

トランポ化にあたっては実際にはあまり手を加えていません。詳細は次回エントリーにて。


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

支援してみる↓


  • 人気ブログランキングへ

 


無料ブログはココログ